札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

コピー機複合機のネットワーク(LAN)接続方法①

コピー機複合機のネットワーク(LAN)接続方法①

2021年3月9日

1.コピー機複合機をLAN接続する利点

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

複数台のPCから同時利用可能、スキャナ機能も使える

コピー機複合機をPCとUSBケーブルで接続しても使用することは可能です。ですが、コピー機複合機を利用できるPCは1台に限られます。他のPCで利用したい場合はUSBケーブルを差し替えなければなりません。また、コピー機複合機のスキャナ機能は「ネットワークスキャナ機能」となっており、LAN接続が前提となっています。USBケーブルで繋ぐ方法ではPCへスキャナデータを送ることはできません。USBメモリなどに一度スキャナデータを保存し、それからPCへ移さなければなりません。

コピー機複合機をネットワーク(LAN)接続すると、複数台のPCから同時に利用することが可能となります。ネットワークスキャナ機能も使用できますので、コピー機複合機からPCへ直接スキャナデータを送信することも可能です。今回はコピー機複合機のLAN接続方法についてご説明します。

 

2.今回の前提条件

今回のご説明は、①ルーターがある環境②PCのIPアドレスはルーターより自動取得する設定になっている、以上2点を前提としてご説明していきます。ルーターがない環境については下記のページをご参照ください。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌
コピー機複合機のネットワーク(LAN)接続方法②

1.コピー機複合機をLAN接続する利点 コピー機複合機をPCとUSBケーブルで接続しても使用することは可能です。ですが、コピー機複合機を利用できるPCは1台に限られます。他のPCで利用したい場合はUS ...

続きを見る

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

今回は①ルーターがある環境②PCのIPアドレスは自動取得。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

ルーターが無くバフを使用、または直接LANケーブル接続は次回

 

3.PCのIPアドレスとネットワーク範囲を調べる

①WIndowsの「スタートボタン」を右クリック。メニューの中の「ファイル名を指定して実行」をクリックしましょう。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

スタートボタンを右クリック

②名前欄に「CMD」(大文字・小文字、どちらでも可)と入力し「OK」をクリック

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「CMD」と入力し「OK」をクリック

③ドスプロンプトが起動するので「ipconfig」と入力して「エンターキー」を押しましょう。下記のような表示が出ます。IPv4アドレスの数値(例:192.168.1.3)サブネットアドレスの数値(例:255.255.255.0)デフォルトゲートウェイの数値(例:192.168.1.1)をメモしておいてください。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

IPv4アドレス・サブネット・デフォルトゲートウェイをメモ

④あなたのPCの今現在のIPアドレスは「192.168.1.3」、サブネットマスクは「255.255.255.0」です。あなたのPCが今現在所属するネットワーク範囲は「192.168.1」です。PCの固有番号は「3」です。ネットワーク範囲と固有番号はサブネットマスクの数値で決まります。サブネットマスクの255と対になっている桁がネットワーク範囲となります。0と対になっている桁が機器固有の番号となります。同一ネットワーク内で固有番号が重複することは許されませんので注意してください。

⑤次にコピー機複合機に割り振るIPアドレスを決めます。PCが所属しているネットワークは「192.168.1」です。コピー機複合機も同一のネットワークに所属しなければならないので、ここまでは同じ値になります。最後の数値、固有番号は、同一ネットワーク内の他の機器と重複しない値にしないとなりません。今、PCが「3」を使用しているので「3」以外の数値となります。また、デフォルトゲートウェイの数値、「192.168.1.1」はルーターのIPアドレスなので、「1」も使用不可です。また、他にPCが存在する場合、「3」に近い数値を使用している可能性がありますので離れた数値を使用した方がよいでしょう。ここでは、例として「192.168.1.132」に設定するものとします。

⑥同一ネットワーク内に使用しようとしているIPアドレスを、既に使っている機器が存在しないかを調べます。ドスプロンプトで「ping 192.168.1.132」と入力しエンターキーを押しましょう。 192.168.1.132というIPアドレスを使用している機器へ信号を飛ばすコマンドです。下記のように損失4となっていれば「192.168.1.132」という番号を使用している機器は存在しないことが確認できます。相手から信号が返ってくると受信4となります。その場合は違うIPアドレスを使用しましょう。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「192.168.1.3.」の機器は存在しない

 

4.コピー機複合機にIPアドレスを設定

コピー機複合機に振り分けるIPアドレスを決めたら(例:192.168.1.132)、実際にコピー機複合機へ設定してみましょう。

①「初期設定/カウンター」ボタンを押す

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「初期設定/カウンター」ボタン

②「システム初期設定」をタッチ

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「システム初期設定」

③「インターフェイス設定」をタッチ

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「インターフェイス設定」

④「本体IPv4アドレス」をタッチして入力画面へ進みます

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「本体IPv4アドレス」

⑤「変更」をタッチしてIPv4アドレスとサブネットマスクを入力

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「変更」

⑥同様に「IPv4ゲートウェイアドレス」を設定

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

「IPv4ゲートウェイアドレス」

IPv4アドレス(192.168.1.132)、サブネットマスク(255.255.255.0)、IPv4ゲートウェイアドレス(192.168.1.1)を入力したら設定画面を終了して通常の状態にしましょう。最後にまたPC操作に戻ります。ドスプロンプトを起動させて、コマンド「ping 192.168.1.132」を実行して、下記の画像のような反応が返ってきたら成功です。無事にコピー機複合機のネットワーク設定が完了。

札幌のコピー機複合機販売レンタル店アルボ札幌

受信4、損失0

 

 

 

 

 

-お役立ち情報
-, ,